【応援頂いている皆様へ】
2020/4/20付けで、
dr.ナガネコウキが脱退する運びになりました。

そして、それに伴い4/20に脱退イベントを行います。
現体制でのliveは
3/18
4/20
の残り2本、僕達と皆さんで最高の時間を作りましょう。

 

【以下メンバーコメント】

《Rei》

2年半という短いのか長いのかよくわかりませんが、共に活動できた時間はかけがえのないタカラモノです。
応援してくださっている皆様には不安な気持ちと寂しい気持ちを与えてしまい本当に申し訳ございません。
今後のescape from sorrowに期待すると共に、ナガネコウキの活動も応援していただけると幸いです。

残り2本、楽しみたいと思います。

 

 

《有哉》

悲しいお知らせをしてごめんなさい。
残り2本、現体制のescape from sorrowを最後まで愛してくれたら嬉しいです。

 

 

《Yu-chi》

この様な急な発表になってしまいファンの方々には大変申し訳ありません。
発表されている通り、この4人でLIVEが出来るのは残り2本になります。
5月以降は別々の道を歩む形になりますが、だからと言って立ち止まるつもりはありませんし、もう少し先の景色を見る為に進み続けます。
これからもescape from sorrow、ナガネコウキを今後とも応援よろしくお願い致します。

 

 

《ナガネコウキ》

この度、公式からの発表がありました通り
私、ナガネコウキは4/20(月)を持ちましてescape from sorrowを脱退させて頂くことになりました。

まずはここまで活動出来たことにメンバーといつも応援してくれている皆様に感謝を伝えたいです。

ありがとうございました。

脱退の理由については簡単にまとめられるものではないのですが、
バンドがこれから向かう道と
僕のミュージシャンとして目指す道が異なってしまったためです。

始動から2年と3ヶ月ほど、前身のセッションを含めるともっと長きに渡り、本当にお世話になりました。

どんなに自分が大変な時でも他人を想いやれる有哉さん、視点が鋭く、かつ視野の広さに何度も驚かされたReiさん、Yu-chiさんの作曲した楽曲はe.f.s.の中でも特にお気に入りのものばかりです。

琉杏さんにはバンドの大変な時期を支えて頂き、ひなのくんは同い年とは思えないほど仕事が出来るムードメーカーでkojiさんはどんなときも優しく接してくれました。

バンド活動を通して、学んだことや得られたものは数えたらキリがないくらい沢山あります。

あっという間の2年間でしたがそう感じたのも全て、
可能な限り共に最善を尽くしてきたメンバーと、いつも応援してくれる皆さんのおかげです。

皆さんから掛けて頂いたありがたいお言葉、お手紙、差し入れやプレゼント等も全て僕の大切な宝物です。

最後に、皆さんから頂いたものに比べるとささやかではありますが

これまでの感謝の気持ちを直接伝えるべく4/20(月)東高円寺二万電圧にて脱退ライブを開催させて頂きます。

こんな大変な時期ではありますが、体調に気を付けて現体制最後のescape from sorrowを観に来て頂けたら嬉しいです。

2年間、
本当にありがとうございました。